FC2ブログ
入口 > ブログ

チークの位置

もうすぐ連休、という方も多いのではないでしょうか?
お休みまであとちょっと、今週を頑張って乗り切ってくださいね。

さて先日、お客様が「チークを入れると子供っぽくなります」と心配された事がありました。
チークも質感、何より入れ方で印象がとても変わるので、難しく感じますよね。

でも、似合わせるなら基本的なルールはとっても簡単です。
お顔型に合わせて強調したいポイントにおく
・ポイントからグラデーションにする
です。

ベーシックなお顔型の卵型さんなら、黒目の少し側くらいにポイントをおき、頬骨に沿ってこめかみに向け斜め上へ薄く広げます。

可愛く見られがちな丸顔さんは、頬骨高い位置からスタートしてこめかみに広げることで、シャープに見えます。はあまり太くなりすぎない方がすっきりします。

面長さんは縦の長さを目立たせないよう、斜めにいれず幅広へ入れます。お顔のほっそり感が目立ちにくく、可愛らしくなります!

トライアングル型さんはを強調し過ぎないよう、やや高めに入れます。イメージは優しく見えるよう、頬骨を中心にふんわりと。

ベース顔さんや梨型さんは位置は頬骨高めでやや、斜めに馴染ませます。
頬骨の下にシャドウを入れる方もいますが、頬骨が強調されてしまうのでシャドウの位置はエラ、もしくは顎の周りに膨らみが気になるところとこめかみがほっそり見え、おすすめです。

診断の際は入れ方に加え、シーン別の見せ方やおすすめの質感などもお伝えしています。

見せたいイメージを活かすために、まずはご自分の個性に合わせたメイクを楽しんでみて下さいね!


cosmetics-259181_640.jpg
2016-04-25

カラー、スタイル診断後の断捨離

こんにちは!
すっかり新緑、お散歩が気持ちいい季節ですね。
春は出会いの季節でもあり、「この機会にイメージアップしたい!」というお客様が多い気がいたします。

カラー診断などを受けた後によくあるご質問で、
手持ち似合わない物が多いので、全部捨てて買いなおした方がいいか」と聞かれます。
もし診断を受けて、自分のワードローブを思い浮かべて似合わないものばかりだったら…。
明日からどうしよう、と少し心配になりませんか?

もしこういったご質問があったら、具体的にどういったものが多いか尋ねて「まず顔周りから」変えることをおすすめしています。
とくにカラーはお顔色お肌トラブルの目立ち具合等への影響が多いため、まずはトップスインナーからが良いかと思います。

でもバッグ小物などは、似合う服揃えてから買い足しでも大丈夫です。
(すぐに捨ててください、なんてことにはなりませんので、ご安心ください!)
お顔や首、ボディラインよりも影響が少ないので、アイテムが揃ったら買い足しも良いかと思います。

ただ、似合うスタイルやカラー、なりたいイメージ統一するためのベーシックな色や形がありますので、
余裕が出たらぜひそういったものをそろえてみて下さいね。
一気に統一感が出て、コーディネートがとってもになります。

「こうでなければ」と縛られていて、おしゃれが楽しめなくなってしまうのは悲しいですよね。
今まで買ったお洋服や小物も、何かしら惹かれるところがあったはずです。
一気に変えようとせず、楽しみながら少しずつイメチェンできたらいいですね!

fashion-605508_640.jpg


2016-04-20

お顔の色と身体の色2

前回の記事でお話した、お顔の色お身体の色違い
個人差大きいだけに、気になる方は露出が大きくなるととっても気になりますよね。

今回は、気にされている方も多いお首の色との違いのお話です。

お首の色については、もともとお顔色より暗かった黄色い方が多いかと思います。
ファンデーションは首に合わせて、という説もありますが、その場合お顔色が暗くなってしまう方もいるため私はあまりおすすめしていません。

ファンデーション選びの際は
のラインから、お首まですっとテスターを塗り、お顔になじみのよい色を選びます。

色の差が少ない方はあまり気になりませんが、
差が大きい方は中間に馴染ませ、顔に極端に明るい色は使わずはハイライトなどで明るくすると白浮きしません。

差の大小にかかわらず、ファンデーションやコントロールカラーを塗るときはの方までのばしてパフなどで馴染ませると浮いて見えることは少ないかと思います。

お首は生まれつきの色もありますが、お顔に比べついケア忘れがちな場所です。
日焼け止めや乾燥対策も、お顔の乳液などをそのまま伸ばすことでこまめにするのがおすすめです。

お顔は特に、色白に憧れつい明るい色を選ぶことが多いものです。
まずはお顔なじみを優先し、ご自分の個性を生かしながらメイクを楽しんで下さいね!

woman-1267128_640.jpg
2016-04-14

お顔の色と身体の色1

ご無沙汰しています。
前回は寒い日と暖かい日が交互にきていましたが、本格的な春になりました。
春の軽やかなファッションを楽しんでいる方も多いのではないでしょうか?

暖かいマフラーやコートがなくなり、露出も増えていく季節。
そうするとお顔の色とお首や手など、身体との色違いがある方は少し気になる季節です。

お顔と身体の色に差が出る原因は、
日焼け摩擦による色素沈着、皮膚の厚み血行などいろいろな要素があります。
特に気になる方が多いのは首と、手や腕の差かと思います。

っぽい方は、日焼けが原因に方が多いかと思います。
手は洗う機会や摩擦も多く、日焼け止めを忘れやすいので、ハンドクリーム感覚でこまめに塗りなおすのがおすすめです。
私も腕、手が黒くドレスを着ると垢抜けないのが悩みでしたが、日焼け止めをこまめにするだけで大分変わりました。 

少し話がそれますが手の色が違うと気になるのがネイルカラー。
パーソナルカラーの色は違うという方もいるくらい、差が大きい方もいます。
サロンの診断では、手にもドレープを当てることもあります。
(現在、診断用のネイルチップを作成中です!)

少し長くなってしまったので、次回続けてお首の話をいたします!

leg-1048195_640.jpg


2016-04-11

お部屋のカラーテーマ

ようやく冬も終わり、お部屋の衣替えを考えてる方も多いのではないでしょうか?

お部屋はリラックスして過ごしたい場所。
好みのインテリアに囲まれ、気分が上がる好きな色の中で過ごしたいですよね。
以前の記事色彩心理とインテリアの関係のお話をしましたが、周りの色身体に影響を及ぼすものです。

でも、実際に買い物をしてみると洋服同様、ついつい多色使いになってしまったり合わなかったり…。
色彩心理を取り入れたい色は決まっても、何とあわせよう?組み合わせが難しいものです。

インテリアの色(壁や天井、カーテンやシーツ・ラグ等ファブリック、家具)
は、メインカラーを決めてサブの色を2色くらいにおさえるときれいにまとまりやすいです。

色のテーマは様々ですが、パーソナルカラーのグループを参考にするのもひとつの作戦です。
ブルーベースの色、イエローベースの色は同じグループ内同士調和し、さらにトーンを合わせるとよりまとまりが出ます。

例えばベージュの床や壁の落ち着いた雰囲気に、濃いブラウンでシックに、差し色にゴールドで大人っぽいオータムさんイメージ。
ブルーグレーのお部屋にホワイトの家具、ラベンダー系のファブリックなどでシャビーシックで女性らしく上品なサマーさんイメージなど。
それなら素材のイメージもわきやすく、統一感のあるお部屋になります。

自分のカラータイプを表現してもいいし、憧れのカラータイプをイメージしたお部屋作りも楽しそうです。
色彩心理やパーソナルカラーを活用して、ずっとお部屋にいたくなるインテリアを目指したいですね!

sofa-1078931_640.jpg
2016-03-27