入口 > ブログ

休日ファッションのテーマ

こんにちは、少し間が開いてしまいました(;^_^A

先日、お会いした方に「休日も同じ格好、違う自分を演出したい」とお話いただきました。
普段はスーツ、という方は私服とのメリハリも付きやすいですが、
オフィスカジュアルが中心の方は着回しが便利な反面、平日休日同じ格好ということもありますよね。

この場合、テーマを決めてファッションを選ぶと
なりたいイメージ演出ができ、さらに休日ファッションも少ないアイテム組み合わせができます。

例えば普段はきっちり感のあるジャケット、スカートにやわらか素材のインナーなどでエレガントな大人の女性。
休日ナチュラルでリラックス感のある格好で過ごしたい…など。
ナチュラル感のある服装といえば柔らかそうな素材やざっくりした麻や綿、手織りの素材。
やさしいアースカラーに自然のモチーフをテーマにそろえておけば、ナチュラルで穏やかな女性を演出できます。
イメージは、素材デザインで作れます。

カジュアルイメージなら大胆な色合いにコットン、デニム、柄はボーダーやチェックなど。
可愛らしいイメージならパステルカラーに繊細なレースやシフォン素材に、細かい水玉や小花柄。
マニッシュなイメージなら、ダークカラーにパンツスタイルやジャケット、大胆な幾何学柄で格好良く…など。

同じイメージのアイテム中心なら統一感があり、組み合わせで、
さらにイメージが分かりやすくギャップを演出できます♪
ぜひ、普段と違うおしゃれも楽しんで下さいね!

model-1208325_640.jpg
2016-06-01

色黒さんのメリット

こんにちは!
連休真っ只中、休日を満喫されてる方も多いでしょうか?
このところ気温の高い日や晴天が続き、初夏のファッションを楽しめるようになりました。

そういえば先日、お客様から「地黒で露出するのが恥ずかしい」といったお悩みを伺いました。
ご本人が仰るほど色黒さんではないのですが、印象的な深い色の目と髪色で、ゴージャスな雰囲気の方です。
濃い色素をお持ちの方には色白さんにはない魅力があるのですが、「色白=憧れ」という方はやはり多いです。

特に日本では、化粧品などのプロモーションでも色白さんに憧れる方が多いかと思います。
女性らしく透明感があって、素敵ですよね。
色白は七難隠すとも言われ、白い目指すためのサプリメントや化粧品がたくさんあります。
(本来のお肌のを越して白くすることは難しいのですが…)

でも女性らしく憧れの色白さん、色白さんならではのお悩みもたくさんあります。
そばかす目立ちやすい、
しみしわ出来やすい
くま色素沈着が目立ちやすくお顔色が悪く見えやすいなど。

反対に色黒さんは、紫外線に対する防御能力を遺伝子的に持っている方です。
色白さんの反対にによるダメージや老化を受けにくいのがメリットです。

さらにパーソナルカラーでは、色黒さんはディープでおしゃれなカラー似合う方が多いです。
お体はより引き締まって見えるし、健康的な雰囲気をお持ちなので夏らしい露出もお似合です。

お肌は本来の色から大きく変えることは出来ません。
でも本来の自分の良さを知れば、もっと自分の個性を楽しむことができます!

cream-194126_640.jpg
2016-05-03

チークの位置

もうすぐ連休、という方も多いのではないでしょうか?
お休みまであとちょっと、今週を頑張って乗り切ってくださいね。

さて先日、お客様が「チークを入れると子供っぽくなります」と心配された事がありました。
チークも質感、何より入れ方で印象がとても変わるので、難しく感じますよね。

でも、似合わせるなら基本的なルールはとっても簡単です。
お顔型に合わせて強調したいポイントにおく
・ポイントからグラデーションにする
です。

ベーシックなお顔型の卵型さんなら、黒目の少し側くらいにポイントをおき、頬骨に沿ってこめかみに向け斜め上へ薄く広げます。

可愛く見られがちな丸顔さんは、頬骨高い位置からスタートしてこめかみに広げることで、シャープに見えます。はあまり太くなりすぎない方がすっきりします。

面長さんは縦の長さを目立たせないよう、斜めにいれず幅広へ入れます。お顔のほっそり感が目立ちにくく、可愛らしくなります!

トライアングル型さんはを強調し過ぎないよう、やや高めに入れます。イメージは優しく見えるよう、頬骨を中心にふんわりと。

ベース顔さんや梨型さんは位置は頬骨高めでやや、斜めに馴染ませます。
頬骨の下にシャドウを入れる方もいますが、頬骨が強調されてしまうのでシャドウの位置はエラ、もしくは顎の周りに膨らみが気になるところとこめかみがほっそり見え、おすすめです。

診断の際は入れ方に加え、シーン別の見せ方やおすすめの質感などもお伝えしています。

見せたいイメージを活かすために、まずはご自分の個性に合わせたメイクを楽しんでみて下さいね!


cosmetics-259181_640.jpg
2016-04-25

カラー、スタイル診断後の断捨離

こんにちは!
すっかり新緑、お散歩が気持ちいい季節ですね。
春は出会いの季節でもあり、「この機会にイメージアップしたい!」というお客様が多い気がいたします。

カラー診断などを受けた後によくあるご質問で、
手持ち似合わない物が多いので、全部捨てて買いなおした方がいいか」と聞かれます。
もし診断を受けて、自分のワードローブを思い浮かべて似合わないものばかりだったら…。
明日からどうしよう、と少し心配になりませんか?

もしこういったご質問があったら、具体的にどういったものが多いか尋ねて「まず顔周りから」変えることをおすすめしています。
とくにカラーはお顔色お肌トラブルの目立ち具合等への影響が多いため、まずはトップスインナーからが良いかと思います。

でもバッグ小物などは、似合う服揃えてから買い足しでも大丈夫です。
(すぐに捨ててください、なんてことにはなりませんので、ご安心ください!)
お顔や首、ボディラインよりも影響が少ないので、アイテムが揃ったら買い足しも良いかと思います。

ただ、似合うスタイルやカラー、なりたいイメージ統一するためのベーシックな色や形がありますので、
余裕が出たらぜひそういったものをそろえてみて下さいね。
一気に統一感が出て、コーディネートがとってもになります。

「こうでなければ」と縛られていて、おしゃれが楽しめなくなってしまうのは悲しいですよね。
今まで買ったお洋服や小物も、何かしら惹かれるところがあったはずです。
一気に変えようとせず、楽しみながら少しずつイメチェンできたらいいですね!

fashion-605508_640.jpg


2016-04-20

お顔の色と身体の色2

前回の記事でお話した、お顔の色お身体の色違い
個人差大きいだけに、気になる方は露出が大きくなるととっても気になりますよね。

今回は、気にされている方も多いお首の色との違いのお話です。

お首の色については、もともとお顔色より暗かった黄色い方が多いかと思います。
ファンデーションは首に合わせて、という説もありますが、その場合お顔色が暗くなってしまう方もいるため私はあまりおすすめしていません。

ファンデーション選びの際は
のラインから、お首まですっとテスターを塗り、お顔になじみのよい色を選びます。

色の差が少ない方はあまり気になりませんが、
差が大きい方は中間に馴染ませ、顔に極端に明るい色は使わずはハイライトなどで明るくすると白浮きしません。

差の大小にかかわらず、ファンデーションやコントロールカラーを塗るときはの方までのばしてパフなどで馴染ませると浮いて見えることは少ないかと思います。

お首は生まれつきの色もありますが、お顔に比べついケア忘れがちな場所です。
日焼け止めや乾燥対策も、お顔の乳液などをそのまま伸ばすことでこまめにするのがおすすめです。

お顔は特に、色白に憧れつい明るい色を選ぶことが多いものです。
まずはお顔なじみを優先し、ご自分の個性を生かしながらメイクを楽しんで下さいね!

woman-1267128_640.jpg
2016-04-14