入口 > ブログ >

チークの位置

もうすぐ連休、という方も多いのではないでしょうか?
お休みまであとちょっと、今週を頑張って乗り切ってくださいね。

さて先日、お客様が「チークを入れると子供っぽくなります」と心配された事がありました。
チークも質感、何より入れ方で印象がとても変わるので、難しく感じますよね。

でも、似合わせるなら基本的なルールはとっても簡単です。
お顔型に合わせて強調したいポイントにおく
・ポイントからグラデーションにする
です。

ベーシックなお顔型の卵型さんなら、黒目の少し側くらいにポイントをおき、頬骨に沿ってこめかみに向け斜め上へ薄く広げます。

可愛く見られがちな丸顔さんは、頬骨高い位置からスタートしてこめかみに広げることで、シャープに見えます。はあまり太くなりすぎない方がすっきりします。

面長さんは縦の長さを目立たせないよう、斜めにいれず幅広へ入れます。お顔のほっそり感が目立ちにくく、可愛らしくなります!

トライアングル型さんはを強調し過ぎないよう、やや高めに入れます。イメージは優しく見えるよう、頬骨を中心にふんわりと。

ベース顔さんや梨型さんは位置は頬骨高めでやや、斜めに馴染ませます。
頬骨の下にシャドウを入れる方もいますが、頬骨が強調されてしまうのでシャドウの位置はエラ、もしくは顎の周りに膨らみが気になるところとこめかみがほっそり見え、おすすめです。

診断の際は入れ方に加え、シーン別の見せ方やおすすめの質感などもお伝えしています。

見せたいイメージを活かすために、まずはご自分の個性に合わせたメイクを楽しんでみて下さいね!


cosmetics-259181_640.jpg