入口 > ブログ >

青みピンクと黄みピンク

ようやく春らしく、おしゃれを楽しめる季節になってきましたね。

パーソナルカラーのお話をする機会が多いので、青みの色、黄みの色という表現をよく使います。

先日ワークショップにて、複数の方に同時に黄み青みの話をする機会がありましたが、「よく雑誌で見る青みピンクが分かりません」と質問がありました。

青みの色とは、を含んだ涼しい感じのする色。
黄みの色とは、を含んだ暖かい感じのする色です。
それぞれ黄みを含んだ同士、青みを含んだ同士の色は調和します。

コスメでも公式の説明で青みピンク、黄みピンクという表現をするメーカーもあります。
ピンクなら青みピンクローズ系黄みピンクピーチ系です。

リップやチークのフューシャピンクローズピンク青みコーラルサーモンピンク黄みです。

流行りのローズ系リップに挑戦したいけど自分は黄みカラーが似合う場合、青みのピンクで透明感を通り越し青ざめて不健康そうに見えてしまいます。

その場合、ベースメイクや青みピンクの中の色選びでカバーすることも出来ますので、まずは自分の色素の特徴を知ることが大事です٩( 'ω' )و

ピンクはメイクの中でもよく使う色。
ぜひ、自分に1番似合うピンクを知り、メイクを楽しんで下さいね!

flower-1181865_640.jpg