入口 > ブログ >

食器のお話

今日はファッションのお話ではなく、食の色えらびのお話です。
お弁当に彩りを意識したり、食器にこだわってみたり、青い食材の画像でダイエットを意識したり…
食べることと色の関係について、普段から意識してる方も多いのではないでしょうか?

まず、食材の色としてなじみもあり、食欲を増進させてくれるのは暖色系の色
お刺身やお肉、にんじん、トマトなど…見てるだけでおいしそうですよね。

でも、反対に食材にはほとんどないのが青系の色
青には食欲減退効果があります
ダイエット画像の青カレーや青ハンバーガーなど目にしたことのある方もいるかもしれませんが、青い食材はびっくりするほど食欲が落ちます。
なのでどうしても食べる量をセーブしたいという方はテーブルクロスから食器にいたるまで真っ青にするという手もあります。

ですがお料理する立場の方は、少しでもおいしく見せたいですよね。
そんな時は赤やオレンジなどの彩りを添えるのは有名な話ですが、さらにしたに葉ものをしいたり「反対色で際立たせる」と、より色が引き立ちます


食器の色や素材でも、お料理の見え方は変わってきます。
食材の色を際立たせる他、カフェのようなおしゃれでシックな色の食器選びも素敵です。
料理の中に入ってる色の食器選びなら上品にまとまり、黒は料理が引き立ち高級感もでます。
また、黄色には消化機能を正常に戻す作用があるので、胃がもたれ気味…といった時は黄色い食器もおすすめです。

普段の食事にちょっと色を意識して、おいしい食事を楽しみましょう!

tomatoes-1031577_640.jpg