入口 > ブログ >

平服について

平服でお越し下さい、と言われて迷うことはありませんか?
最近はカジュアルな結婚式や二次会も多く、一度はいわれた方も多いと思います。
本当に普段着では駄目だろうし…と悩んでしまいますよね。

平服でお越し下さいといわれる機会は、結婚式、二次会、お別れ会、同窓会などなど
どんなシーンもすべて同じでいいということではないので、ちょっと困りますね。

そもそも平服→普段着という意味ではなく礼装でなくても大丈夫!という意味です。
本来ドレスアップしていく結婚式や、法事などフォーマルなシーンで礼服でなくて構いませんというニュアンスです。

イブニングドレスや喪服では堅苦しいので…という主催者さんのご配慮なので、お友達などが主催の場合は服装を尋ねたり、会場のレストランやホテルを調べてみて合わせていくのもいいかもしれません。

よく着られているのが、結婚式や二次会、同窓会では華やかめのワンピースや派手すぎないドレス、お別れ会では黒のワンピースやスカートやシャツ、スカート、スーツなど
おめでたい席では平服とはいえきれいな色で華やかに、お別れ会は喪服っぽくはなくかつ黒や紺など落ち着いた色が多いです。

男性はいずれもスーツかジャケット着用が多いですが、お別れ会や法事、結婚式なら平服とはいえネクタイは締めた方が周りの方と合うかと思います。ネクタイは法事でも平服なら無地でなく、地味な色柄なら大丈夫です。

特に結婚式や同窓会では、堅苦しくなく自分らしいおしゃれを楽しめる良い機会です!
いつもより少し楽な服装で、思い切り会を楽しんで下さいね!

persons-768597_640.jpg