入口 > ブログ >

16タイプカラー診断のお話(ウィンター編)

前回に続き、16タイプ診断のタイプ分けのお話、今回はウィンター編です。

ウィンタータイプの色は、濃くて、つめたくて、あざやかで、澄んだ色です。
ちょっとイメージが沸きにくいでしょうか?
クリスマスカラーに代表されるような鮮やかな原色、冬の漆黒の夜空に真っ白な雪、夜空に映えるイルミネーションの鮮やかな色など、とってもドラマティックな色です。

ウィンタータイプのカラーパレットはとにかく鮮やかで、原色の赤など純粋な色が多いです。
パーティーシーンでのドラマティックなドレスやメイクなど非日常的なものから、モノトーンやネイビーなど落ち着いた色もお得意です。
華やかなドレスも格好いいスーツもお得意なんて、羨ましいですね♪

ウィンタータイプの方の外見的特長も4つに大きく分けられ、それにより似合う色も変わってきます。
・目や髪と肌のコントラストがとにかく強い華やかタイプ
・さわやかで透明感のある色白タイプ
・色素が濃く青みのお肌のエキゾチックタイプ
・青みが強いクールでモダンなタイプ

ウィンタータイプの方は全体的にコントラストは配色がお得意です。
きれいな色も多くあれもこれもと悩んでしまいますが、存在感の強い色が多いので3色以内を目安のにコーディネートをするのがおすすめです。

これで全4回、4シーズン分簡単にご紹介させていただきました!いかがでしたでしょうか?
シーズンタイプの中でも、実は色んな特徴があることが分かるかと思います。

4シーズンに比べるとタイプ別ではベストカラーが減ったように感じてしまいますが、
実際にはざっくりと分類されていただけで、同じシーズンでも苦手カラーが混ざっていたということもあります。
ここ一番の得意カラーをよく知って、自分らしいおしゃれを楽しみましょう!

illuminations-677592_640.jpg