入口 > ブログ >

16タイプカラー診断のお話(スプリング編)

今日はパーソナルカラー診断、16タイプのカラー診断のタイプ分けについてのお話です。
以前の記事でおおまかなタイプ分けについてお話しました。
では、具体的にはどういった分け方をしているのか…4シーズン毎にお話します。

まず、スプリングタイプの4分類について今回お話します。
スプリングタイプは、明るくて、あたたかくて、あざやかで、澄んだ色の特徴のグループです。

春と聞いて、どんなイメージが沸くでしょうか?
明るい春の光を受けて咲き誇る花々や果実の色、やわらかい土と空の色…など、スプリングタイプのパレットは自然界の色のイメージです。

この色のグループがお似合になる方も、春のイメージを連想させる外見の方が多いです。
年齢より若々しく見られ、全体的な色素は明るめ。黄みを含みあたたかみのある色素をお持ちの方が多く、髪や肌はつや感がある方が多いです。

ですが、スプリングに分類される全員がそういった色素や特徴をもっているわけではなく、個体差があります。
16タイプ診断のスプリングは色素の多さや肌・髪や目の特徴によりさらに4つに分けられ、
・全体的に色素が薄めの透明感の強いタイプ
・黄みが少なく血色の良く明るさを感じるタイプ
・目や髪と肌のコントラストがあり、華やかなタイプ
・黄みの色素を強くもち、あたたかさと華やかさをもつタイプ

の4つに分かれます。

スプリングさんの中にも色白さんから色黒さんまでいて、目の色素も薄くきらきらした方からカラーコンタクトを入れたような方までいらっしゃいます。
例えばシーズンは同じ鮮やかな色を身に着けたとき、お顔に負けてしまう方もいればぱっと華やぐ方もいらっしゃいます。
スプリングタイプの特徴である、明るさがお得意なタイプ、黄みがお得意なタイプ、鮮やかさがお得意なタイプ…といらっしゃるということです。

これからは春のお洋服がたくさんお店にならぶ、楽しい季節です。
ぜひご自分のタイプをよく知り、お買い物を楽しんでくださいね。

tulips-15155_640.jpg