入口 > ブログ >

きゃしゃな女性のお悩み

先日、きゃしゃな女性からお悩み相談を頂きました。
お洋服のサイズは5号から7号、でも身長は162cmのスレンダーさん。羨ましいです!

よく頼りなさそうに見えてしまうことと、何だか着こなしに女性らしさがない気がすることがお悩みだそうです。
お仕事や立場上、しっかり見せつつ、女性らしい柔らかさを出したいと仰ってました。
きゃしゃな女性の方、「羨ましがられるけどビジネスでは頼もしく見せたい!」という方、多いのではないでしょうか?

体型カバーは基本的には、以前お話した錯視を使ったものです。
出ている部分を小さくみせたり、他に視線を持ってくるように誘導したり、長さを強調したり。

きゃしゃな女性の場合、胸元やお尻にボリュームがあるように見せたり、細い骨格を柔らかくカバーすることが有効です。
フリルやギャザースカート等ふわっとしたスカート、胸元には飾りやリボンタイ、ヨーク切り替えのシャツブラウス等がおすすめです。
柄は全体的に横のラインを強調すると少し幅が出て見えます。

反対にはっきりあいた襟やぴったりVネックは身体のラインが出すぎて、細さが際立ってしまいます。
大きすぎるアクセサリーや太すぎるベルトも浮いてしまうのでさけた方が良さそうです。

足りない部分は足して、見せたい部分は存分に生かして!個性を輝かせておしゃれを楽しんで頂きたいです。

ruffles-511487_640.jpg