入口 > ブログ >

シーンに合わせて選ぶ色(ファッション編)

前回の記事で色彩心理を活用したインテリア選び。今日は色彩心理を使ったファッションのお話です。
「今日は知的な私を演出したい」「人懐っこい私を演出したい!」なんて日はありませんか?

パーソナルカラーはその人の持つ肌や目などの色彩をきれいに見せるものですが、色彩心理は「色そのものがあたえる心理的印象」です。
「あの人優しそうだからお話聞いてもらおうかな」「誠実そうで口の堅そうな人」「芸術的でこだわりがありそう…」などなど。

パーソナルカラーとは別のものですので、もし「似合わない色の心理的作用を取り入れたい…」ということでしたら、お顔移りに影響しないようお顔から離して使うのがおすすめです!

まず、ビジネスシーンで欠かせないのは黒やグレイ。
かちっとしていてしっかりした印象を与えますが、同時に相手を押さえ込んでしまう色でもあります。

もし、人と会うことが多かったり親近感をもたれたい場合には、オレンジやベージュ、ピンクなどを取り入れると良いです。
スーツのインナーにもよく使われる色なので、少し印象をやわらげたいときに取り入れたい色です。

また、プライベートシーンでも好感度の高い色としておすすめなのはやはり白です。
春夏の定番色で、ベーシックカラーとも華やかな色とも相性もばっちり。さわやかで清潔感のある印象なので、初めて人と会うときにも好印象です。
ただ、白は緊張感を与える色でもあるので、全身真っ白よりはベージュやパステルカラーと組合わせたり、白の強さをやわらげたコーディネートがより印象アップに繋がります。

色を味方にして、第一印象からばっちり好印象を与えましょう♪

clothing-977405_640.jpg