入口 > ブログ >

お顔のバランスにあわせたメイク

前回の記事でお顔のゴールデンバランスについてお話しましたが、いかがでしたでしょうか?
今日はそのゴールデンバランスに近づけるメイク方法と、お顔別イメージアップメイクのお話です!

お顔のパーツの位置やバランスで、同じパーツの大きさや形でも与える印象は違います。
全体的に上方に中心があれば大人っぽいお顔、下方に中心があれば幼い印象
中央にパーツがよっているとしっかり見えるけど少しきつく、離れていると少し頼りないけど癒し系のお顔になります。

そのままの印象を与えたい場面ではそのままで良いのですが、変えたい場面もあるかと思います。
そんな時は足りない部分に足して強調していけば、理想のバランスに近づけます

上方が中心の方はアイラインやシャドウを下にボリュームを置き、顔を長く見せるハイライトは控えめに。
下方に中心がある方はアイブロウをやや上に引き、目の上側をアイメイクで強調します。

中心、遠心の要素も同様に、空白の部分に足して強調します。

また、お顔立ちとは別に「今日は可愛らしく見せたい」「今日は大人っぽく見せたい」など、色々なシーンがあるかと思います。
そんな時は、先ほどお伝えしたお顔のバランスが与える印象のそのままを再現すれば異なる印象を与えることができます。

さらに、直線=大人っぽく、格好よく
曲線=可愛らしく、女性らしく
 見せる要素なので、ラインを描く際は意識します。

ロマンティックなメイクならアーチ眉にチークをやや内の高めに丸く、目は縦幅を強調しシャドウやハイライトは控えめでみじかく。
マニッシュなメイクなら直線的な眉にチークを外側へシャープに、目は横へすっと流したラインを強調し、鼻筋にハイライトを。

ビジネスシーンとプライベートシーンでの変身も、メイク直しで簡単にできてしまいます。
ぜひシーンに合わせた使い分けを楽しんでくださいね。

cosmetics-1063134_640.jpg