入口 > ブログ >

お顔のゴールデンバランス

先日似顔絵を描いてもらう機会がありました。
三白眼、幅の広い鼻、大きな口、頬骨、そして全体的に中央よりのパーツ。

この特徴をとらえることが、似せるコツですね。
自分で見てもそっくりでした!

そしてこの「特徴をとらえる」、実は多くの女性が日々していることなのではと思いました。
もう少し目がぱっちりしていたら、小鼻が気になる、えらが気になる、離れ目をカバーしたい…等など。
メイクをする際に、気になる方も多いと思います。

ですがこの特徴をとらえていれば、メイクをすることできれいにカバーすることもできるし、
個性でもある点を魅力的に生かす
ことも出来ます。

例えばすでにされている方も多いたれ目メイク。
目じりにポイントを置いたメイクで、親しみやすさや色っぽさがばっちり演出できます。

これは元のお顔立ちによって、きれいに見えるメイクの足し加減やラインを置く場所などが変わってくるところもあります。
なのでまずはご自分のお顔のバランスや特徴を知り、より魅力を生かすことがイメージアップにつながります。

お顔には、理想的なパーツの大きさとバランスがあります。

頭頂部と顎先のちょうど真ん中に目が、お顔のミッドライン上に鼻下点が、鼻下点から顎先の中央に下唇の最下点が…など。
これを基準とし、パーツの位置が上下左右どこにあるか、寄ってるか離れているか、を見極めることがご自身のお顔バランスを知ることです。

バランスが分かれば、足りないところを足したり削ったり生かしたり、メイクで簡単に出来てしまいます
次回の記事で、具体的な方法についてご紹介させていただきます!

hans-boodt-1006031_640.jpg